石膏パックの効果について

石膏パックの効果について

石膏を顔に塗りつけることによって、石膏は徐々に固まっていきます。ちなみに石膏は固まる時に、徐々に温度が高くなる性質があると言われています。通常40度から42度くらいの状態まで、温度が上昇していくと言われています。この温度が上昇することで、肌の新陳代謝を高める効果があると言われています。

その結果、肌にたまっている老廃物をスムーズに排出することができるようになります。老廃物をそのままにしていると、老化の原因になりえます。ですから、老廃物をスムーズに排出することは、アンチエイジングのあん点からも重要なことなのです。また老廃物を吸収する代わりに、ミネラルを肌に対して与える働きがあると言われています。ミネラルは、肌にとっては必要な栄養分でもあります。美肌を保つために欠かせない成分と言うこともできるでしょう。

さらに石膏パックのメリットとして、即効性が高いということも指摘されています。石膏と言うのは、非常に機密性が高いと言われています。このため、効率的に肌に対して、潤いを与えることができると言われています。効率的に潤いを与えることによって、1回の施術であったとしても、小じわの改善やリフトアップ効果を実感することができると言われています。

石膏パックには温熱効果があると紹介をしました。しかし徐々に温かくなっていきますし、最高でも42度程度の温度に落ち着きます。ですから、パックをしているときに、熱いと感じることはまずないでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加