トップ > シミ除去 > 肝斑のシミ除去法

肝斑のシミ除去法

シミ除去の方法にはいろいろあり、そのシミの種類によって施術の方法も変わってきます。どんなシミができているのか、そのシミにはどんな方法ががいいのかを選択すれば満足のいくシミ除去ができます。

肝斑はシミの中でも特に代表的なものです。30代から50代の女性の肌に多く出るもので、ほほ骨のあたりや額、口の周辺などに左右対称性に現れるという大きな特徴を持っています。

肝斑の発症には女性ホルモンが何らかの形で影響していると考えられていて、妊娠時や経口避妊薬を飲んでいる人に出やすいといわれています。さらに、肌がトラブルを起したり紫外線を浴びたりすると症状が悪くなってしまうことがあるので十分注意が必要です。

紫外線防止のために日焼け止めクリームを塗ったり、内服薬を服用することで症状の悪化を防ぐことが出来ます。

肝斑に効果のある成分としてトラネキサム酸があげられます。止血剤としてよく使われており、歯槽膿漏にも効くことから歯磨き粉にも含まれている成分です。

また、美白にも非常に効果的でシミ除去にも用いられるようになりました。しかし、肝斑が一度改善したからといってトラネキサム酸を服用するのを止めてしまうと、また発症することもあります。

安全性の高い成分ですが、食欲不振や吐き気などの副作用が出ることがありますので覚えておきましょう。



シミ除去
シミ除去についての解説です。

前の記事 | 次の記事

関連記事