トップ > シミ除去 > 老人性色素斑のシミ除去法

老人性色素斑のシミ除去法

老人性色素斑と聞くと、老人だけに表れるシミのことだと間違ったイメージを持つ人がいます。しかし、老人性色素斑というのは20代後半からできるもので、日焼けのしすぎてできてしまったシミのことを言うのです。

シミが出来やすいのは顔だけではありません。手の甲なども紫外線を浴びやすいため、シミが特に際立って実際の年齢より見えてしまいます。そのせいで1番気になる顔のシミ除去をしようとするのです。

老人性色素斑を予防するためには、服で覆ったり、日焼け止めクリームを使うなどいくつか方法があります。シミの大敵である紫外線を当たらないようにして、肌が傷ついている部分は日焼けしないように十分気をつけることが大切になります。

どうしてもできてしまったシミを除去するには、レーザーや皮膚を削る、電気メスを使うなどの治療法があります。皮膚が1番早くキレイになるのは、レーザーによるシミ除去です。このように、老人性色素斑には外科的切除がほとんど一般的なようです。

しかし、これらぼ治療法は施術後に色素沈着が起きますので覚えておきましょう。術後の色素沈着は、紫外線に当たらないように注意してメラニン色素を抑制するクリームなどを塗ることで防ぐことができます。

このような治療法は皮膚に傷をつけることになるのですが、皮膚が再生されて傷が治ることで美しい肌を手に入れることができます。



シミ除去
シミ除去についての解説です。

前の記事 | 次の記事

関連記事