トップ > シミの改善 > しみとくすみの原因について

しみとくすみの原因について

しみやくすみはどうしてできてしまうのでしょう。しみとは皮膚科では顔の色素沈着の事をいい、表面にメラニン色素が過剰に溜まった状態のことを指します。しみの主な原因は紫外線です。肌を紫外線にさらしておくと、紫外線の強い影響から肌を守るために肌の深い部分でメラニン色素が作り出され、表皮に送り出されて肌を守るようになります。供給されたメラニン色素は傘の様な役割をして、細胞を紫外線によるダメージから守ります。肌が正常に働いている場合、肌のターンオーバーによってメラニン色素は体外に排出され、肌は元に戻ります。正常な肌のサイクルをしていれば、メラミン色素は排出されますが紫外線を浴び過ぎたりホルモンの影響を受けたりする事でメラノサイトが活性化されます。メラノサイトがメラニン色素を作る量と、ターンオーバーでメラニン色素を排出できる量がつり合わないため、排出しきれなかったメラニン色素は肌にはしみという形で残ってしまいます。これに加えて、年齢を重ねて新陳代謝が弱くなるとメラニンの排出能力が低下し、しみとして肌に残りやすい環境が進みます。肌の新陳代謝が悪くなり、本来なら外れていかなければならない角質層が留まっているため透明感が失われるとくすみになります。透明なフィルムを何層にも重ねるとやがて白く濁ってくすんだ色になるのと同じです。肌のくすみの主な原因はターンオーバーの乱れです。くすみができやすい肌は、ストレス過多な生活や喫煙の習慣、生活習慣の乱れや食事バランスなど、一般的に肌に良くないとされていることをしている方の肌です。しみやくすみのない肌を維持するには、しみやくすみができにくい体質や環境作りが大事です。



シミの改善
シミの改善方法の紹介です。

前の記事 | 次の記事

関連記事