トップ > 若返りとシミ > しみ対策による肌の若返り

しみ対策による肌の若返り

どんな対策が、肌の若返りとしみ対策には良いのでしょうか。少しずつ肌のしみが目に付くようになるのが、30代を過ぎた頃でしょうか。老けて見えてしまう原因はしみが増えることですので、しみ対策を怠らないようにすることは若返りには不可欠です。皮膚が老化してメラニンの代謝が落ち、色素が溜まりやすくなるこで、肌にしみができるといわれています。皮膚はメラノサイトというメラニンをたくさん含む層を、紫外線の影響や炎症による刺激によって作るといいます。メラニンが表皮に蓄積されるとしみとなるのです。新陳代謝によってメラニンは体外に排出されるのが若い頃の肌なのですが、メラニンは年齢やストレス、偏った食習慣などで少しづつ蓄積されるのです。日焼け止めを活用して紫外線対策をすることが、しみを改善し肌の若返りを目指すには一番大事なことです。紫外線の刺激は冬でも強いといいます。若返りのためには、日傘やサングラスを身につけ、UVクリームを使うことを、太陽光が出ている時には意識しましょう。メラニン色素の色を還元して若返りを果たすため、ビタミンCを多く摂取することです。肌にしみができる原因としてはストレスや血行不良、喫煙、冷え性、鉄分やビタミンなどの栄養不足も考えられます。肌の若返りのためひとつひとつ対策を立てることで、一度にすべてを解消することはまず不可能かもしれませんが、なんとか改善しましょう。



若返りとシミ
若返りとアンチエイジングとシミ対策についての解説です。

前の記事 | 次の記事

関連記事